電話受付時間9時~15時
TEL: 0957-56-8870

長崎県の内海、大村湾は非常に静かで綺麗な海です。
さくら流通株式会社がどの様なところにあるのか、皆さんに 知っていただく為のページをご用意しました。

さくら流通の近隣
をご紹介します

長崎県大村市にある
さくら流通株式会社は
内海である大村湾のすぐ近くです。
近くには素晴らしい施設が多数存在します。
まだ大村を良く知らない方は、
近くの諫早も含めてご覧ください。
  • 大村市
  • 諫早市

■大村公園 (玖島城跡)

鎌倉時代よりこの地を領有してきた大村氏は、1598年(慶長3年)の秀吉死後、政情不安に備えて玖島城の築城に着手しました。 明治維新後に廃城となり、現在は大村公園として人々の親しみの場となっています。

現在は大村公園となっていて、天然記念物のオオムラザクラや菖蒲など季節折々の花が咲いています。 なお、日本さくら名所100選に選定されている場所でもあります。
*wikipedia参照

■長崎空港

本土では長崎県唯一の空港。*県内には6つの空港があります。
海岸から約2kmに浮かぶ箕島 (みしま) 全域を開発することで、1975年5月1日に世界初の海上空港として開業しました。
大村湾は陸地に囲まれた内海の為、穏やかな海の中の空港でもあります。騒音が非常に少ないことでも 非常に注目度の高い空港です。上海やソウルなどへの国際便も出航しています。

■ボートレース大村

日本で初の競艇場として名高い大村競艇場。
海水の競艇場は珍しくないですが、内海の為、波の少ない競艇場として ファンの間で有名です。 (ただし、冬は追い風が吹くと荒れることもあります)
インコースが全国一と言われるほど強く、「大村のインで勝負」は定番の一つです。

■白木峰高原

春には菜の花、秋には秋桜が10万~20万本単位で見事に咲いています。 古くから親しまれている観光スポットでもあり、通年で市内外の人が訪れます。 一面が黄色やピンクに染まる景色は、ぜひ一度は堪能していただきたいものです。

■眼鏡橋

かつては諌早公園の入口である本明川にかけられていた橋。
長さ約49.2m、幅5.5m、高寸7mの二連アーチ式の堅牢な石橋。 石橋としては日本で初めて国の重要文化財に指定されました。

「芥川賞を受賞した作家野呂邦暢は『諫早菖蒲日記』で洪水に弱い諫早のことを書いているが、 眼鏡橋は世話人たちの願い通りの出来で、以後一度も流されることはなかった。」
*wikipedia参照

■おしゃれなカフェ

諫早は知る人ぞ知るおしゃれカフェスポットです。味はもちろん、雰囲気から楽しめるお店が沢山あります。
自宅を改装してカフェを経営されている方などもいますし、諫早カフェ流トルコライスを食べてみるのも良いのでは ないでしょうか。ぜひ、諫早カフェめぐりをおすすめします。